• 201601.jpg
  • 201612.jpg
  • 201605.jpg
  • 201602.jpg
  • 201608.jpg
FREAK
  • 201610.jpg
  • 201604.jpg
  • 201607.jpg
  • 201611.jpg
  • 201609.jpg

Favorite site

世界最大の
グラインドハウス/エクスプロイテーション
データベースサイト


世界最大の
マカロニウェスタンデータベースサイト


Something Weird Video

Big Breast Archive


The Bettie Page.com


Wrong Side Of The Art


gore gore room


Women in Prison Films


RUSS,LEWIS,AND OTHER STRANGE CIMEMA


GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方  ブラックスプロイテーション


功夫電影専科


全日本バイオレンス委員会






R&S records


WARP records


hyper dub records


M-NUS


TRESOR


Spaghtti Westerns In Japan!


INFERNOPRISON.COM


42nd Street Cinema


Video Nasties


GRINDHOUSE THEATERS


PINKY VIOLENCE&ROMAN PORNO


BIKERS


Blaxploitation.com A soulful Tribute...


DIMENSION PICTURES








     

  

記事一覧

 

Grindhouse Gals
Grindhouse Gals


vintagegal.tumblr.com

Uschi Digard

Uschi Digard



































  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.--(--)
  • スポンサー広告

ホーボー・ウィズ・ショットガン

ホーボー・ウィズ・ショットガン
(ジェイソン・アイズナー2011)

これはヤラレました!
画像検索でグラインドハウス関係をググってると、必ずこの洋版ポスターが出てきて、『ブラック・ダイナマイト』同様、日本公開はおろかソフト化もされないだろうと悔しがってたんですが、去年シアターNで上映されてたんですね。
秘宝読者ですが、全然知りませんでした。
タラちゃん&ロドリゲスが07年に蘇らせた、復刻版グラインドハウス『デス・プルーフ&プラネット・テラー』の遊び感覚で一般公募したフェイク予告編で優勝したのが、 このジェイソン・アイズナー監督の『ホーボー・ウィズ・ショットガン』であり、それを『マチェーテ』に続き長編化したのが、ロドリゲス製作総指揮、ルトガー・ハウアー主演の本作です。

オープニングから、映画オタク大将タラちゃんにして「この世で最も恐ろしい映画」と言わしめた、スウェーデンのエクスプロイテーション・ポルノ女優クリスティーナ・リンドバーグ主演で、レイプリベンジムービーの怪作『血まみれの天使』
のポスターロゴタイトルをイエローにしてタイトルバック!(『キル・ビル』のアイパッチをしたダリル・ハンナのモデルでもあり、『イングロリアス・バスターズ』でも、ウンベルト・レンツィの走るゾンビで有名な『ナイトメア・シティ』に出てる、エクスプロイテーション俳優から名前をオマージュした、ヒューゴ・スティグリッツ紹介シーンでもこのロゴはまんま使われております)

オープニング・ミュージックも、感動的且つ牧歌的な美しい泣きメロで、確信犯的なアイズナー監督の演出が冴えます。これはヤコペッティに代表される、モンドムービーへのオマージュなのであります。
原色や蛍光色を際だたせ、如何にもな合成感丸出しの画質もたまりません。

ロバート・アルドリッチ、リー・マーヴィン、アーネスト・ボーグナインの名作『北国の帝王』で世界的に有名になり、
30年代大不況下のアメリカで社会問題にもなった、ホーボー(無賃乗車で全米を乗り渡り、職探しをするホームレスの事)を演じるルトガー・ハウアーが降りた町は、残虐非道なドレイク一家が牛耳るスカムだらけの狂った町で、ある事をきっかけにルトガー・ハウアーはショットガンを手に町のスカム狩りを始めていくのですが…。

下敷きには、
ロバート・ギンティの
『エクスタミネーター1&2』、
エド・ウッドの『怪物の花嫁』、
カーペンターの『ニューヨーク1997』、
ヒロイン?の役名はあの『アビー』からのオマージュ!
そして、なんといっても80年代グラインドハウスを一世風靡した、ロイド・カウフマンの変態トロマ臭プンプンのエログロワールド全開!
人体破壊の嵐に切株天国!
大量の返り血度MAXは、ピーター・ジャクソンのこれ又名作『ブレイン・デッド』を思い出しましたよ。
ホラーではありませんが、『マチェーテ』以上のおバカ系人体破壊描写の連続で爽快感抜群であります。
『マチェーテ』がお好きな方には絶対オススメな作品です。
ルトガー・ハウアーは文句なしで相変わらず上手いですし、『アビー』役のモリー・ダンスワースが、予想以上に素晴らしくこれからが楽しみな新人女優です。
勿論、新鋭監督のジェイソン・アイズナーも楽しみですね。

『マチェーテ』同様に、ちゃんとメッセージ性もあり、映画的にもパーフェクトな出来で復刻版ではなく、2011年のリアルグラインドハウスであり、86分のグラインドハウス体験であります。
個人的には、薄汚れた二番館で見たかった作品です。

 

 
  • 2012.05.14(Mon)
  • ラウの好きな映画







Rumi's profile


名 前:ミストレス・ルミ
住まい:千葉市
年 齢:三十代
血液型:O型
好きな監督
 ダニー・ボイル
 タランティーノ
 セルジオ・レオーネ
好きなこと
 映画はもちろん、
 料理・手芸
 ダイビング
 読書
彼氏:ラウ先生
裏方大好き!♪  
 


The Deuce

Lau's profile


名 前:ラウ・チェン
住まい:千葉市
年 齢:三十代
血液型:O型
好きな監督(順不同)
クエンティン・タランティーノ
セルジオ・レオーネ
アレハンドロ・ホドロフスキー
鈴木清順
石井輝男
深作欣二
and more…
グラインドハウス/エクスプロイテーションムービー& プログラムピクチャーが大好きです
彼女:ルミちゃんと二人で主に映画blogしてます









What's EXPLOITATION






















































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。