• 201601.jpg
  • 201612.jpg
  • 201605.jpg
  • 201602.jpg
  • 201608.jpg
FREAK
  • 201610.jpg
  • 201604.jpg
  • 201607.jpg
  • 201611.jpg
  • 201609.jpg

Favorite site

世界最大の
グラインドハウス/エクスプロイテーション
データベースサイト


世界最大の
マカロニウェスタンデータベースサイト


Something Weird Video

Big Breast Archive


The Bettie Page.com


Wrong Side Of The Art


gore gore room


Women in Prison Films


RUSS,LEWIS,AND OTHER STRANGE CIMEMA


GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方  ブラックスプロイテーション


功夫電影専科


全日本バイオレンス委員会






R&S records


WARP records


hyper dub records


M-NUS


TRESOR


Spaghtti Westerns In Japan!


INFERNOPRISON.COM


42nd Street Cinema


Video Nasties


GRINDHOUSE THEATERS


PINKY VIOLENCE&ROMAN PORNO


BIKERS


Blaxploitation.com A soulful Tribute...


DIMENSION PICTURES








     

  

記事一覧

 

Grindhouse Gals
Grindhouse Gals


vintagegal.tumblr.com

Uschi Digard

Uschi Digard



































  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.--(--)
  • スポンサー広告

ナチスプロイテーション ベスト3

WARNING!

とうとうこのジャンルを紹介する日が来てしまいました。
今では、
倫理上無くなってしまった、作れなくなってしまった
セックスプロイテーションのサブジャンルより、
『ナチスプロイテーション』を採り上げてみます。
(セックスプロイテーションは、グラインドハウス/エクスプロイテーションムービーのメジャージャンルの一つです。)

分かりやすく言うと
ナチ残酷女囚物でWIPの基本的要素を踏まえており、
支配者=ナチに置き換えてWIP以上の拷問絵巻が展開するだけの、
SM的嗜好がもろに出たジャンルであります。
(SM的嗜好は、グラインドハウス/エクスプロイテーションムービーの根底)

WIPとの決定的な違いは、ラストは必ず支配者であるナチの破滅。
流石にそこだけはこの時代でも倫理観があったようで、
当時でもヤバいと見えてクレジットの監督や製作者の殆どが偽名という呪わしさ。
嚆矢は69年の『ラブキャンプ7』と言われ、大体75年から77年までに粗製濫造され(ほぼイタリア作品)、一気に廃れたジャンルであります。

ここではっきりと断っておきたいのですが、
私たち2人はナチの歴史や蛮行を熟知している人間であり、
ナチがした事は永遠に許されるものではないと思っています。

ナチスプロイテーションとはそういった真実の歴史観とは完全に切り離して、
グラインドハウス/エクスプロイテーションムービーのビザール感や怪作ぶりを堪能する為だけのジャンルなのであります。
ナチスプロイテーションをご存知無い方はそこを理解した上で読んで下さい。
何度もいいますが、ナチの軍服を着た支配者が女囚を拷問し最後は破滅する、だけのジャンルです。

そもそも私がナチスプロイテーション(以下ナチプロ)を知ったのは、
タラちゃんとロドリゲスの復刻版グラインドハウスのフェイク予告編の一つ、
ロブ・ゾンビ監督の『ナチ親衛隊の狼女』でした。
一瞬ではありますがグラインドハウスマニアのロブ・ゾンビ監督は、
ナチプロを現代に復活させたのであります。

その狼女のモデルとなったのが、
ナチプロの金字塔いやグラインドハウス/エクスプロイテーションムービーの代表作とも言える、『ナチ女収容所/悪魔の生体実験』でサド・マゾ色情狂の女収容所所長として君臨した、1メートル超えの巨乳を持つダイアン・ソーン演じるイルザ様です。

ナチ女収容所/悪魔の生体実験
1 ナチ女収容所/悪魔の生体実験
(ドン・エドモンズ1975)
数あるナチプロの中でも、ダントツに抜きん出た怪作ぶりでビザール感もハンパじゃありません。
当時のエクスプロイテーションムービーの中でも良く出来ている特殊メイクアップに、強烈な拷問シーンも一切手抜きがないです。
全てを見せてくれる、客が見たい物を見せるエクスプロイテッド精神溢れた大怪作にして大傑作であります。

先ずはお決まりの新しい女囚移送。
そして白衣を着たお姿もお美しい1メートル超えの巨乳イルザ様自らによる、女囚の身体検査(身体検査における全員全裸はナチプロの基本的事項)から始まり、いきなりの剃毛!
脱走者には容赦なく壁にまで血が飛び散るほどの壮絶な鞭打ちで、全裸のまま鞭痕も生々しい逆さ吊り処刑(この処刑女囚の一人はポルノ女優のシャロン・ケリー)の見せしめ。
オープニングからイルザパワー全開!
間髪入れず色情狂イルザ様の性欲を満たせなかった役立たずの男囚は罰として去勢!!
その悲鳴にニコニコご満悦のサディスティックな微笑みがたまらないイルザ様
(1メートル超えの巨乳も惜しみなく見せて頂けます。
 部下二人もトップレス多し)。
イルザ様と部下 

実はこの収容所、痛みを感じない戦闘マシーン的兵士を作る為の生体実験専用の収容所だったのです。
気圧室でどんどん気圧を上げられ、鼻血を出しながら実験材料として死んでいくウッシー・ディガード。
(ラス・メイヤーのソフトコア巨乳女優として有名)
勿論巨乳丸出しの全裸です。
椅子に固定しての電流責めや、皮膚が真っ赤に焼けただれベロベロに剥げるまでの熱湯責め。
電流バイブを性器に挿入し痛みに耐えさせる(しつこいですが全て全裸)等、実験という名の甘美で夢のような拷問シーンがどんどん続いてまいります。

ラストのマカロニ・コンバット的展開や、サム・ペキンパー並のスローモーション(少なくとも欧州のペキンパーと呼ばれた『地獄のバスターズ』で有名なエンツォ・G・カステラッリよりは上手い)等、酸鼻を極めた夢心地な拷問残虐シーンの数々。
ただそれだけではなく、イルザ様のサディスティックでマゾっ気もあるキャラ設定や、全くダレないストーリーの面白さ・ビザール感が見事に融け合った作品です。
ある意味、ナチプロを超えた70年代グラインドハウス/エクスプロイテーションムービーが生んだ伝説的な大怪作として、今日もマニアの間で語り継がれています。

イルザ様を演じたダイアン・ソーンのコメンタリーを聞くと、自らの女優キャリアの全てを並々ならぬ体当たり演技で他を圧倒した彼女だけが、本名でクレジットされグラインドハウス史にその名を残しました。

アラブ女地獄/悪魔のハーレム 
ダイアン・ソーンは次回作の怪作WIP『アラブ女地獄/悪魔のハーレム』で、アラブに君臨するイルザ様を若干ユーモラス&サディスティックに演じています。
ウッシー・ディガードやシャロン・ケリーも続投で、監督も同じドン・エドモンズ。
製作者も生きるエクスプロイテーションと呼ばれたデビッド・フリードマンです(今でこそ本名が分かるんですね)。 
 
ウッシー・ディガード嬢
『アラブ女地獄/悪魔のハーレム』で貞操帯を付けられ
檻に入れられた女囚姿がたまらない
巨乳女優ウッシー・ディガード嬢
女体拷問人グレタ
 キング・オブ・エクスプロイテーション監督、ジェス・フランコ(スペイン)の代表的WIP
『女体拷問人グレタ』もオススメです。
ラストのビザール感が凄い!
ブルースリーvsイルザ様
それから、なんとあのブルース・リーと対決するイルザ様の企画もあったみたいですから、当時の大ヒットぶりがうかがえますね!
(だが実際は、ブルース・リーのそっくりさんで下絵ポスターまで作られたがオクラ入りに。
この世界にはよくある話で、ブルース・リーそっくりさん専門ジャンルの『ブルースプロイテーション』なんてのもあります。)

今は結婚式の司会をしてるみたいですよ。
当たり前ですが優しく気さくな人柄らしいです。
(コメンタリーを聞くとそういった人柄がよく分かります)

最後にイルザ様の一応モデルとなったナチの鬼女がいますが、
それは又、別次元の歴史的真実の話です。
ナチ女収容所/続・悪魔の生体実験
2 ナチ女収容所/続・悪魔の生体実験
(セルジオ・ガローネ1977)
公開タイトルはポスター通り上記ですが、私の持っているビデオタイトルは『美女集団監禁SMゲシュタポ収容所』という素晴らしい邦題です。
他のナチプロで絶倫獣人が出るビデオタイトルが、同じ『続・悪魔の生体実験』なのでややこしい…
DVDがあったとしたら又変わってるかも。

このナチプロもイルザには及ばないものの、ビザール度SM度70パーセントの傑作です。
(イルザは当然オール100!)

今日も新しい女囚が収容されて娼婦班、労働班、生体実験用と分けられます。
オープニングからお約束の放水シャワーシーンと将校へのセックス性奴隷乱交パーティー。
(ペニバン付けて踊るシーンもあり文句なし!)
シャワーシーンはなんともう1回あり、しかもキャットファイト付きでサービス満点!
ナチプロで一番見たい拷問シーンも、舌引っこ抜きや万力で頭潰し、爪剥がしに内臓えぐり出しと抜群にビザールで、やってるハゲの男所長も地のような目つきで思わず笑ってしまいます。

ラストのお約束WIP的集団蜂起も、中々迫力満点。
惜しむらくは男所長が拷問する事!と女性看守が全くエロくない事!
これはかなりのマイナス点でありますが、ビザール度や拷問シーンがイカしてるので良しとしましょう。

監督のセルジオ・ガローネはマカロニウエスタンの『ジャンゴ・バスターズ』も撮っておりますが、残念ながら邦版未ソフト化であります。

ゲシュタポ卍収容所
3 ゲシュタポ卍収容所
(チェザーレ・カントネバリ1976)
かなりレビューが長くなってしまったので簡単に。
ニーチェの超人論の一文から始まり、ストーリー的には異色で男収容所所長と女囚が主従関係の下でデキテしまいラストは…

毎度の如く今日も新しい女囚が収容。
お約束の身体検査の後、ナチ兵にご奉仕という理由で集団レイプ!
ある意味ティント・ブラス監督の『サロン・キティ』。
逆さ吊りにして下に溜まっている硫酸に付けたり上げたり!
ドーベルマンがいる檻の中に生理中の女囚を放り込み、噛み殺されるのを見て悦に入るのは、お美しくサディスティックな巨乳女看守長アルマ様。

開いた口が塞がらないのは、
「アーリア民族は支配者民族だから何をしてもいい!」
とこれまたニーチェの超人論を都合良く解釈して引用。
女囚の一人を、晩餐会の大テーブルに寝かせ、コニャックをかけて火を付け丸焼きにし、ナチ将校連中が食べるシーン。
メイド役の女囚が、あまりのショックでバタバタと失神していく様は流石にキツい。
が、晩餐会用のドレス姿がこれ又お美しく、見えそうで見えない巨乳女看守長アルマ様のサディスティックな表情がたまらない。

この作品はグラインドハウス/エクスプロイテーションムービー特有の嫌な物を見た感がかなり強い反面、ビザール度やSM度、過去と現在を交錯させつつ進むストーリー展開と凝ったカメラワークや、『愛の嵐』的なヴァイオリンを基調としたクラシックなど、一風変わったナチプロの傑作だと思います。
正直ナチプロはこの三作品で十分満喫できますが、私の持っているナチプロコレクションをポスターで紹介します。
全てビデオなので現在タイトルが変わってるかもです。

あと、『イルザ3部作』や『女体拷問人グレタ』はDVDとしてTSUTAYAにも比較的置いてありますし、DVD化されている作品はお取り寄せシステムを利用すれば大抵の作品はレンタル可能です。
私は運が良く近所の個人レンタル店で10円で購入しました。
こういったDVD化されてない作品は、今だにビデオ主流の個人レンタル店を利用すれば比較的楽に見れます。 
シビル・ダニング様 
ナチプロのお姿がバッチリ決まって
思わずひざまずきたい衝動に駆られる
80年代グラインドハウスクイーンの一人、
シビル・ダニング様(サイン入りで家宝物)


 
 悪魔のホロコースト
悪魔のホロコースト


続・悪魔の生体実験
続・悪魔の生体実験


ゲシュタポ超特急/地獄行き最終便 
ゲシュタポ超特急・地獄行き最終便


ナチ〈秘〉女体飼育館/ゲシュタポ慰安部隊 
ナチ〈秘〉女体飼育館/ゲシュタポ慰安部隊


白い生贄 
白い生贄
ラブキャンプ7 
ラブキャンプ7

 
  • 2012.02.08(Wed)
  • グラインドハウス







Rumi's profile


名 前:ミストレス・ルミ
住まい:千葉市
年 齢:三十代
血液型:O型
好きな監督
 ダニー・ボイル
 タランティーノ
 セルジオ・レオーネ
好きなこと
 映画はもちろん、
 料理・手芸
 ダイビング
 読書
彼氏:ラウ先生
裏方大好き!♪  
 


The Deuce

Lau's profile


名 前:ラウ・チェン
住まい:千葉市
年 齢:三十代
血液型:O型
好きな監督(順不同)
クエンティン・タランティーノ
セルジオ・レオーネ
アレハンドロ・ホドロフスキー
鈴木清順
石井輝男
深作欣二
and more…
グラインドハウス/エクスプロイテーションムービー& プログラムピクチャーが大好きです
彼女:ルミちゃんと二人で主に映画blogしてます









What's EXPLOITATION






















































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。